コーティング機MCM

コーティング機MCM

コーティング機MCMは、従来、熟練作業者の経験に頼っていた乳剤の塗布工程を自動化し、未熟練者にも使いやすく設計・開発された全自動感光乳剤塗布装置です。

コーティング機MCM

特徴

  • MCMシリーズは、従来3~4回の乾燥工程を必要とした作業工程を解消し、1回の乾燥で焼付露光が可能です。まず最初にプリント面より塗布します。
    2工程目からは、スキージ面より塗布を行い、スクリーンのオープニングから乳剤を押し出します。スキージ面からの塗布をくり返すことによって、乳剤の膜厚がコントロールできます。
  • 版枠のテンションに影響されることなく、確実にエアーシリンダーによって加圧されます。
  • スクリーンの開口部に完全な状態で乳剤が塗布され、よりシャープな画線が得られます。
  • プリント面からの重ね塗りも可能です。
  • パケット、セレクトスイッチの組み合わせ操作により、任意に一方のパケットは塗布を行い、対面するパケットは乳剤のかき取りを同時に行うことが可能です。
  • 均一な乳剤膜厚が得られます。
  • プリント面およびスキージ面に各々パケットが装備されていますから、版枠を脱着しなくても、任意の面に自由自在に塗布できます。また、版枠の脱着はワンタッチででいる自動エアークランプ付きです。

仕様

Model-Code MCM-1000
最大枠サイズ 1000×1200mm
塗布スピード 0-3M/min
エアー供給量 4kg/- min
電気容量 AC100V 300w
機械サイズ W1850×D480×H1900mm
機械重量 300kg
Model-Code 最大枠サイズ
MCM-1000 1000×1200mm
MCM-1600 1250×1600mm
MCM-2000 1500×2000mm
MCM-2500 1750×2500mm
MCM-3000 2000×3000mm
このページの先頭へ