沿革

1949年 京都市中京区仲町通竹野町上ルに於いてグランド印刷株式会社として営業発足。資本金18万円。
1958年 京都市中京区夷川通西洞院西入薬師町652番地に移転。
社名変更、美濃商事株式会社となる。資本金36万円に増資。
スクリーン印刷資機材の販売を開始。
1963年 同所に新社屋建設。資本金360万円に増資。
1963年 大阪市西区立売堀北通3丁目9番地に、大阪営業所開設。
1965年 宇治市槙島町中川原にスクリーン印刷工場建設用地を購入。
1967年 京都市中京区夷川通小川東入東夷川町636番地に用地購入。
本社工場、製版工場新社屋建設。資本金1,700万円に増資。
1968年 宇治市槙島町中川原にスクリーン印刷工場建設。
1970年 東京都文京区千石3丁目に東京営業所開設。
1976年 資本金3,000万円に増資。
1977年 4月、横浜営業所開設。(東京営業所管轄)
10月、東北営業所開設。(東京営業所管轄)
東京都文京区本駒込6丁目2-14に建設用地購入。
大阪市西区新町3丁目3-10に建設用地購入。
1978年 同上に大阪営業所新社屋建設。
京都市中京区西洞院通二条上ルに土地家屋を購入(倉庫)
1980年 9月、東京都文京区本駒込6丁目2-14に東京営業所新社屋建設。
11月、資本金4,800万円に増資。
1981年 2月、貿易事業部開設。
1983年 7月、松山美濃商事開設(大阪営業所管轄)。
1985年 10月、京都市中京区西洞院通二条上ルに新本社社屋建設。
資機材事業部、貿易事業部、経理部を移設。
1988年 宇治工場隣接地を工場建設予定地として購入。
1989年 11月、宇治製版工場を新築建設。
1990年 7月、スクリーン印刷機製造の関連会社、メディア株式会社を設立。
1993年 6月、宇治製版事業部にCADセンター棟を新築建設。 
1995年 5月、関連会社、メディア株式会社を岐阜県郡上郡大和町大和工業団地内に新築移転し操業を始める。
1997年 8月、関連会社、メディア株式会社に印刷工場を新築建設し印刷事業部を開設する。
2000年 4月、デジタルシステム事業部を開設する。
2002年 4月、エレクトロニクス関連事業研究機関を立ち上げる。
11月、品質マネジメントシステムの国際規格ISO9001/2000を全事業所において認証取得する。
2003年 6月、エレクトロニクス事業部を開設する。
10月「ミノ超立体印刷MINO3D」特許取得。
2004年 4月「ミノ超立体印刷MINO3D」展示会に出展し、営業展開を開始する。
2005年 7月関連会社 メディア株式会社(岐阜)内に、美濃商事の新規印刷業務開設する。
11月、環境マネジメントシステムの国際規格ISO14001/2004を全事業所において認証取得する。
2006年 11月、財団法人京都市中小企業支援センターの第12回「オスカー認定」を受ける。
2007年 岐阜工場に全自動印刷ラインを追加導入する。
2009年 5月、「ミノ超立体印刷MINO3D」販売強化のため3D企画課を宇治工場へ移設する。
2010年 1月、「ミノ超立体印刷MINO3D」の販路を北米向けに販売開始する。
2011年 6月、中国上海に現地法人「上海俊濃有限公司」設立する。
2013年 2月、関連会社 メディア株式会社を閉鎖する。
3月、美濃商事株式会社岐阜工場を大和工場に改名する。
このページの先頭へ